広島・東広島市西条の石材・墓石店「お墓の山口石彫」

お墓の種類
和型墓、洋型墓、自然石のおよそ3種類に分けられます。
  • 和型墓

    仏式の位牌型、三段型、五輪塔、神式の角柱型があります。

  • 洋型墓

    キリスト教や記念碑、特注デザインに用いられます。

  • 自然石

    自然石を墓標にすることは、古墳時代から今日まで続いていますが、最近では少なくなりました。



墓石の種類
お客さまのご要望に応じて、国内外の石を厳選して使用しています。

石は重いものですから、昔はあまり遠隔地のものを運んできて使うということは少なく、近距離のものが多く使われていました。 こういう地域性は今も残っていて、関西では白御影石の種類が豊富で好まれます。現在では運搬技術の発達により世界各国の石 を使用できるようになりました。墓石は花崗岩(御影石)が一番多く使われています。石の名前は一般的には産出地の名前で呼 ばれるのが通例です。

  • 庵治石(香川県)

    日本の最高石。特に細目は極上品で、青みを帯びた石目に鱗状のかすかな紋様の浮かぶのが特色。
    強度、膨張率、耐久性のどれを取っても世界トップクラスの石です。

  • 大島石(愛媛県)

    日本三大名石の一つ。細目のよく揃った青御影で、墓石材としては、実績、気品、耐久性に優れ、日本の数多い御影石の中でも指折り。 西日本一体によく使われている人気の石です。

  • 青木石(香川県)

    高品質の青御影石。全体に青味を持った美しさは墓石材料に適し、国内石ではお手頃価格です。

  • 北木石(岡山県)

    中目の青御影で、独特の色合いを打ち出しています。産出量も多く、靖国神社の大鳥居等、日本の有名な建物に多く使われています。 名産地北木島から採れる石。

  • 滝根石(福島県)

    柔らかな目合いと均一な石質と耐久性、吸水性が特徴です。またその独特の優しい風合いが日本人の心に響くものとして、西日本で愛されている人気の墓石です。