広島・東広島市西条の石材・墓石店「お墓の山口石彫」

庵治石

2011-12-20

庵治石の採石場

香川県の旧庵治町と旧牟礼町(現高松市)の境界付近で、屋島の源平合戦の舞台となった場所です。

瀬戸内の穏やかな気候と豊かな自然に恵まれた四国最北端の半島に、庵治石の丁場(採石場)があります。

約50事業者ほどの丁場がありますが、中でも最高品質の細目・中目が産出されているのは大丁場からです。

この大丁場の中心が「御用丁場」と呼ばれ、元々は旧高松藩がこの山を管理し、高松城の改修工事にはこの大丁場の石を切出して使っていました。他にも桜門の礎石、大阪城の石垣などにも多くの庵治石が使用されました。

きめ細かな地肌に、重量感、色艶、風格があることから、国内でも最高級御影石として高い評価を受けるとともに、世界的にも注目を集めている銘石です。

 

 庵治石の特長

庵治石の特徴はなんと言っても目の細かさです。花崗岩の主成分、石英、長石、雲母、これら一つ一つの結晶が小さく、細粒黒雲母花崗岩に分類されます。

特に細目は小さな黒雲母の数が多く、磨けば青黒い細かな紺絣のようになります。最大の特徴として「斑(ふ)が浮く」という現象があります。雨に濡れると表面に鱗のような模様が浮かびます。

また結晶が小さく、その結合が緻密な為、他の花崗岩と比較して硬いことも特徴の一つです。その為水を通しにくく、細かな部分にわたる細工が可能であり、さらに風化・変質にも強いという、まさに最強の石と言っても過言ではありません。

 山口石彫の庵治石

山口石彫にある庵治石の展示墓石です。

写真ではうまくお伝えできませんが、とてもきれいな細目で全体に庵治の証の斑が出ています。

庵治石でもこれくらい上等になると、お値段も他の墓石に比べかなりしますので、時々ケタを見間違えるお客様もいらっしゃる程です。

 

上質な庵治石はそれくらい高価なので、このように展示できる墓石店はなかなかありません。「おたくは庵治石があるんとのぅ」と言われ、見に来られる方もいるくらいです。

是非ご来店くださいまして、こちらの庵治石の素晴らしさを実物で納得して頂けましたらと願います。

最新のお知らせ

おすすめのお墓

おすすめの墓地・霊園

お知らせ

アドバイス

商品情報

営業便り

墓地散策

日々の出来事

過去のお知らせ